11月22日(土)23日(日) ワークショップのお知らせ

 日時;11月22日(土)13:00~20:30

   11月23日(日)13:00~18:00

場所;

22日(土) 名古屋市千種区の星ヶ丘駅近くの某所(名古屋市営地下鉄星ヶ丘駅もしくは東山公園駅徒歩10 分)

23日(日) 名古屋市中区の伏見駅近くの某所 (名古屋市営地下鉄東山線・鶴舞線 伏見駅徒歩10分もしくは名古屋市営地下鉄鶴舞線大須観音駅徒歩10分)

参加お申し込みの方には、お申し込み時に、自動返信メールより開催場所をお知らせいたします。

必要なもの;筆記具、ヘッドホン、ヨガマット(←必須ではありません。瞑想ワークの際に寝転んだりした方がやり易いという方のみ)

注意事項;このワークショップは、「奇跡のコース」を教えるというものではありません。「奇跡のコース」はテキストやワークブック編以上に真実と深遠さを持つものはなく、それらに向き合っていく以上の学びはないというスタンスを取っています。また、新しい知識を提供するものでも、魔法のテクニックを伝えるものでもなく、あくまでもワークショップにおける瞑想やシェアリングという「体験」を通じて、日々の奇跡のコースの学びや 赦しに向かい合うための一助になればという意図で企画させていただいています。また、ワークショップは、「体験がすべてであること」、また「シェアリングは個々人のプライバシーに触れる場合もある」、という理由から、学習会と違い、現時点でワークショップはWEBによる配信・参加受付はしていません。

現在は、名古屋でしか開催できていませんが、いずれ京都や東京でも開催できたらと考えています。

参加費用;志(自由)、特に連続参加される方は、自分がワークショップを続けられる範囲でご無理のないようにして頂けたら幸いです。

 その他:志とは、動詞「こころざす」の連用形が名詞化した語であり、深い部分の心がある方向を強くうまずたゆまず目指し続ける「心指す」が語源です。漢字の「志」の士印は、進み行く足の形を象形化したもので、深い部分で決めた思いを揺ぎ無く進み、道中いかなる迷いや艱難辛苦に出会おうとも、逃げずに向かい続けることを表しているといいます。このワークショップに本当に必要なものは、紙切れ以上にこの「志」です。主催者としては、いつでも、2000年前のJの磔に倣う「志」を持って、参加者の方の「志」に応えたいと思っています。

  

 今回のワークショップは直前のお知らせとなってしまい誠に申し訳ありません。

 

内容については、「ディスカバリー」という観点から参加者の方ひとりひとりにとっての「今この瞬間」新たな発見となる最適な体験をリーディングさせていただきながら、ワークショップを進めさせていただく予定です。

 

 自分1人では味わうことのないかも知れないいつもとは違う瞑想ワークをしながら、 自我の知覚とは違う感覚を味わってみるワークが中心になるかもしれません。(22日は東山のウォーキング瞑想がありますので、山道を歩きやすい靴や服装で参加いただけたら幸いです。)

 

 お申込みは以下の参加受付フォームよりお願い致します。

(フォーム送信後、自動返信メールにて開催場所をお知らせさせていただくメールをお送りさせていただきます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

スポンサーリンク

関連記事

目次

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る Top