奇跡講座ワークブック編レッスン121 赦しは幸せの鍵です。

奇跡講座(奇跡のコース)ワークブック編レッスン150本文

 

レッスン121 《 赦しは幸せの鍵です。》

ここに安らぎを求めるあなたの探求に対する答えがあります。

ここに、意味をなさないように見えるこの世界における意味に対する鍵があります。

ここに、いたるところであなたを脅かし、静けさと安らぎをいつか発見できるというあなたの希望のすべてに不確実性をもたらすように見える明白な危険の中で安全に至る方法があります。

ここにおいて、すべての質問が答えられています。ここにおいて、あらゆる不確実性の終焉が遂に保証されています。

 

赦さないマインドは怖れに満ちており、愛が愛である余地を愛に差し出しません。愛が翼を広げ、混乱したこの世界の上空に飛翔する場所を与えません。

赦さないマインドは、息抜きする希望もなく苦痛から解放される希望もなく、悲しんでいます。それは、苦しんでいて、悲惨さの中に住み、暗闇の中を覗き込んで見えないけれどもそこに危険が潜んでいることを確信してじっと凝視します。

赦さないマインドは疑いによって引き裂かれ、それ自身についてそしてそれが見るすべてのものに関して混乱しています。

それは怖れと怒りを抱き、虚弱でありながら強そうにどなりちらし、怖れのために前進することができず、留まることを怖れ、目を覚ますことを恐れ、眠りに就くことを恐れ、あらゆる音を恐れ、しかし、それよりも静寂を恐れ、暗闇におびえ、しかし、光の接近にはさらにおびえます。

 

赦さないマインドには自らが地獄に落ちることしか知覚できません。

赦さないマインドには、自らの罪が実在するという証拠しか見ることはできません。

赦さないマインドには間違いは見えず、罪しか見えません。

それは視力のない目でこの世界を見て、それ自身が投影するものが立ち上がって生命の悲惨な模倣を攻撃するのを見て悲鳴を上げます。

それは生きることを望んでいますが、それでいて、死んだ方がましだと思っています。

それは 赦しを望んでいますが、しかし、希望は見えません。

それは脱出を望んでいますが、いかなる脱出も考えることはできません。

なぜなら、それにはあらゆる場所に罪深いものが見えるからです。

 

赦さないマインドは、さらなる絶望以外の何かを差し出してくれる未来の展望もなく、絶望の中にいます。

しかし、それはこの世界についての自らの価値判断は覆すことはできないと見なし、自らに有罪判決を下してこの絶望に追いやっているということが見えません。

それは、自分は変わることはできないと考えています。

というのは、それが見ているものはその価値判断が正しいことを証言しているからです。

それは尋ねることはしません。なぜなら、自分は知っていると考えているからです。

それは、自らが正しいことを確信して問うことをしません。

 

赦しは獲得されるものです。 赦しはマインドに内在するものではありません。マインドは罪を犯すことはできないのです。

罪はあなたが自分に教えた考えであるために、 赦しもあなたによって学ばれなければなりません。

しかし、あなたの中のもう一方の「自己」を代表する、あなた以外の「教師」から学ばなければなりません。

「彼」を通して、あなたはあなたが作ったと考えている自己をゆるす方法を学び、それが姿を消すようにします。

このようにして、あなたはマインドを完全なものとして、あなたの「自己」であり、決して罪を犯すことはできない「彼」に返します。

 

一つ一つの赦さないマインドは、あなた自身のマインドにそれ自身をどのようにしてゆるすかを教える機会をあなたに提示します。

一つ一つの赦さないマインドは、あなたを通して地獄から解放されることを待っており、今ここでの「天国」を求めてあなたに嘆願します。

それには何の希望もありませんが、あなたがそれの希望になります。そして、それの希望であるあなたは、あなた自身の希望になります。

赦さないマインドは、それ地獄からすでに救い出されているということを、あなたの 赦しを通して学ばなければなりません。

そして、救いを教えるとき、あなたは学びます。

しかし、あなたの教えや学びのすべてはあなたによるものではなく、道を示すためにあなたに与えられた「教師」によるものです。

 

今日、私たちは赦すことを学びます。

あなたにその気持ちがあれば、今日あなたは幸せに至る鍵をとって、それをあなた自身のために使うことを学ぶことができます。

私たちは朝10分、夜10分を、 赦しを与える方法と、 赦しを受け取る方法にもささげます。

赦さないマインドは与えることと受け取ることは同じであるとは信じていません。

しかし、今日私たちは、それらは一つのものであることを、あなたが敵と考えている人と、友人と見なしている人に対して 赦しを練習することを通して学びます。

そして、両者を一つのものと見なすことを学びながら、そのレッスンをあなた自身へと延長し、『彼らの脱出はあなたの脱出も含むもの』であったことを見ます。

 

長めの練習を、あなたが好きでない誰か、あなたをいらいらさせる誰か、偶然に出会ったとしたらあなたの中に後悔の念を抱かせるように思われる誰か、あなたが積極的に軽蔑している誰か、あるいは、あなたが単に無視しようとしている誰かについて考えることによって開始します。

あなたの怒りがどのような形をとるかは問題ではありません。

おそらく、あなたはすでにその人を選んだでしょう。その人で良いでしょう。

さて、目を閉じて彼をあなたのマインドの中で見てください。

しばらくの間、その人を見てください。その人の中のどこかにある光を少しでも知覚するように努めてください。

あなたがこれまで気づいたことのない微光を知覚してみてください。

あなたがその人について抱いている醜い絵を貫いて明るく輝いている小さな火花を見つけるように努めてください。

その中のどこかに光を見るまでこの絵を見てください。

それから、この光がその人を覆い、その絵を美しく善なるものにするまで延長してください。

この変化した知覚をしばらく見てください。そして、あなたのマインドをあなたが友人と呼んでいる人に向けてください。

あなたの以前の”敵”の周りに見ることを学んだ光をこの友人に転送して見てください。

 

その人を、今、あなたにとって友人以上の存在として知覚してください。

というのは、その光の中で、その人の神聖性があなたの救い主を見せてくれているからです。

その救い主は、救われ、かつ、人を救い、癒されて完全です。

それから、その人にあなたがその人の中に見る光をあなたに差し出させてください。

そして、あなたの”敵”と友人にあなたが与えたものであなたを祝福することにおいて一体にならせてください。

今や、あなたはその人らと一つであり、その人らもあなたと一つです。今や、あなたはあなた自身によって癒されました。

一日を通して、あなたも含めた赦さないマインドの一つ一つに幸せをもたらす上で 赦しが果たす役割を忘れないでください。

毎時間、自分自身に向かって次のように告げてください。

赦しは幸せの鍵です。私は、自分が不滅ではない存在であり、過ちを犯しがちな存在であり、罪に満ちた存在であるという夢から目を覚まし、完璧な「神の子」であるということを知ります。』

 

奇跡講座(奇跡のコース) テキスト編、ワークブック編、マニュアル編 各目次

テキスト編 1章~31章 目次

ワークブック編 レッスン1~365 目次

教師のためのマニュアル編 1~29 目次

 

スポンサーリンク

関連記事

目次

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る Top