奇跡講座テキスト編8章8-9 訂正された知覚としての癒し

奇跡講座(奇跡のコース)テキスト編第8章 「帰還への旅」8-9本文

 

第8章8-9 訂正された知覚としての癒し

ACIM-Text- chapter8-9-1

前に私が述べたことですが、 聖霊こそが答えです。

何が全てに対する答が何なのか、 聖霊は分かっているので、 聖霊は全てに対する答えです。

自我は際限なく質問を続けますが、何が本当の質問なのか分かっていません。

けれども、あなたは 自我の価値を疑問視することを学び、そうすることで 自我の質問を査定する能力を確立するにつれて、それを学ぶことが出来ます。

自我があなたを病気へと誘う時には、 聖霊 身体を癒してくれるように求めてはなりません。

なぜなら、それは単に、 身体は癒しの適切な対象だという 自我の信念を受け入れることになるからです。

それよりむしろ、 身体についての正しい知覚を教えてほしいと、 聖霊に求めなさい。

知覚の実が歪曲され得るものだからです。

知覚だけが間違うことが可能なのであり、知覚だけが病気になり得ます。

 

ACIM-Text- chapter8-9-2

間違った知覚とは、物事の状態が今あるままでないようにと願う願望です。

あらゆるものの実相は全く害がありません。

完全な無害性があらゆるものの実相の条件だからです。

そうあることはまた、あらゆるものの実相をあなたが自覚するための条件でもあります。

あなたが実在を捜し求める必要はありません。

実相の方があなたを捜し求め、あなたが実在の条件を満たした時にあなたを見つけるでしょう、

そうした条件は実在の本質の一部であり、そしてこの部分だけが、あなた次代です。

その他はそのまま実相自体に属しています。

あなたがすべきことはほんの僅かです。

なぜなら、あなたに任されたささやかな役割は実に強力であるため、全体をあなたのもとに運んでくるからです。

それならば、あなたのささやかな役割を受け入れて、全体を自分のものとしなさい。

 

ACIM-Text- chapter8-9-3

全一性が癒しをもたらすというのは、それが心に属するものだからです。

死に至る病も含めてありとあらゆる形態の病は、目覚めることに対する恐れが 身体レベルで表現されたものです。

それは、目覚めることに対する恐れのために、眠りを強化しようという企てです。

これは、見る能力を無効にすることによって、見ないようにしようとする哀れなやり方です。

「安らかに休み給え」とは、死者のための祝福ではなく、生きている者たちのための祝福です。

なぜなら、休息は目覚めることからやってくるのであって、眠ることから来るのではないからです。

眠るのは引きこもることであり、目覚めるとは心を一つにすることです。

夢とは、一つになるという幻想です。

なぜなら、夢は、一つになるとはどうゆうことかについての 自我の歪んだ考え方を反映しているからです。

しかし、 聖霊にとっては眠りには使い道があり、もしあなたが承諾するなら、 聖霊は目覚めさせるために夢を使うことが可能です。

 

ACIM-Text- chapter8-9-4

あなたがどのように目覚めるかは、それがあなたがどんな風に眠りを使ったかを表すしるしです。

あなたは眠りを誰に与えたのでしょうか。

どちらの教師に眠りを預けたのでしょうか。

気力を失っている状態で目を覚ました時はいつでも、眠りが 聖霊に委ねられていなかったということになります。

喜びに満たされて目覚めるときにのみ、あなたはその眠りを 聖霊の目的に従って活用したのです。

もし、眠りを病気のためにそれを誤って使った場合にはまさしく眠りによって意識が麻痺することも有り得ます。

眠りは、死の一形態ではなく、同様に、死は無意識の一形態ではありません。

完全に無意識は不可能です。

あなたはただ目覚めているがゆえに、平安の内に休むことが出来ます。

 

ACIM-Text- chapter8-9-5

癒しとは、目覚めることに対する恐れからの解放であり、目覚めるという決断への切り替えです。

全ての癒しは、必然的に恐れを愛に取り替えることであるため、目覚めるという決断は、愛の中に在りたいという意志の反映です。

聖霊は誤りの度合いが区別できません。

なぜなら、もし、 聖霊が病気の一形態が他の形態より深刻だと教えたならば、一つの誤りは他の誤りよりもっと実在性がある教えることになるからです。

聖霊の機能は、ただ、虚偽と真実との違いだけを区別し、虚偽を真実に置き換えることです。

 

ACIM-Text- chapter8-9-6

自我は、いつでも心を弱めたいと思っており、心を破滅させようとして心を 身体から分離させようとします。

けれども、 自我は心を護っているのだと実際に信じています。

それというのも、 自我は心は危険なものだと信じており、心を無くすることが癒すことだと信じているからです。

しかし、心を無くすることは不可能です。

なぜなら、それは神が被造したものをから無を作り出すということを意味するからです。

自我は弱さを引き出そうとあらゆる手を尽くしているにも関わらず、弱さを軽蔑しています。

 

自我は自らが憎んでいるものだけを欲しています。

自我には、これが完璧に意味をなしています。

攻撃の力を信じているので、 自我は攻撃を欲します。

 

ACIM-Text- chapter8-9-7

聖書は、あなたに完璧なものであり、全ての誤りを癒し、 身体は分離したものとの思いを抱かないように、そして全てのことを私の名において為し遂げるように、と命じています。

ここでいうのは私の名前だけのことではありません。

私たちのの自己認識は分かち合われているからです。

神の子の名前は一つであり、私たちはこうした一体性を分かち合っているので、あなたは愛の仕事を行うようにと命じられています。

私たちの心は一つなのであり全一です。

もし、あなたが病気であるならば、あなたは私から退いています。

しかし、あならは私ひとりからだけ退くことは出来ません。

あなたは、自分自身と私の両方から退くことしか出来ません。

 

ACIM-Text- chapter8-9-8

あなたはきっと、これは極めて実用的なコースで、述べられていることを全くそのまま意味していると、既に気付き始めたはずです。

私は、あなたに出来ないことをするように求めることはなく、そしてまた、あなたに出来ないことが私には出来るということ有り得ません。

この前提に立てば、それも極めて文字通りの意味でこの前提に立てば、私があなたに求める通りのことをあなたが行うのを妨げることは出来ません。

そして、あらゆるものが、あなたにそれを行うべきだと主張しています。

神はあなたに何の限界を課さないので、私もあなたに何の限界も与えません。

あなたが自分自身を限定するなら、私たちはひとつの心に属する者ではなくなり、それが病気に他なりません。

ただ、病気とは、 身体が病むことではなく、心が病むということです。

病気のあらゆる形態は、心が分裂していて、統一された目的を受け入れていないことのしるしです。

 

ACIM-Text- chapter8-9-9

したがって、目的を統一させることが、 聖霊の唯一の癒し方です。

その理由とは、それが癒しが意味を持ち得る唯一のレベルだからです。

混乱した思考の中に、意味というものを再確立することが、まさしくそれを癒す方法です。

その意味そのものは神からくるものなので、あなたの課題は、ただ意味のための条件を満たすことだけです。

けれども、あなたの意味は神の意味の一部なので、あなたがその意味へと戻ることは、神の意味にとって必要不可欠です。

したがって、あなたが癒しは、神が健やさの一部と言えます。

それは神の全一性の一部でもあるからです。

神はこれを失うことは有り得ませんが、あなたにはそれを知らじにいるということは有り得ます。

けれども、それでもその全一性はあなたに対する神の意志であり、神の意志はあらゆる物事の中に、永久に在り続けます。

 

奇跡講座(奇跡のコース)テキスト編第8章 「帰還への旅」目次

8-1  カリキュラムの方向

8-2  幽閉と自由の違い

8-3  神聖な出会い

8-4  自由という贈り物

8-5  一なる子の分割のない意志

8-6  神の宝

8-7  コミュニケーション手段としての 身体

8-8  手段もしくは目的としての 身体

8-9  訂正された知覚としての癒し

 

奇跡講座(奇跡のコース) テキスト編、ワークブック編、マニュアル編 各目次

テキスト編 1章~31章 目次

ワークブック編 レッスン1~365 目次

教師のためのマニュアル編 1~29 目次

スポンサーリンク

関連記事

目次

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る Top